まずはお気軽にご相談を TEL 0120-132-294 FAX 026-222-6903

MENU

×

MENU

まずはお気軽にご相談を

0120-132-294

FAX 026-222-6903
営業時間(平日)9時~18時
担当者 青木 畔上

>お見積りはこちら >ご相談・お問い合わせ

型抜き印刷をお客様と相談しながら製作するための専門サイトです

まずはお気軽にご相談を担当者 青木 畔上

0120-132-294営業時間(平日)9時~18時 FAX 026-222-6903

2022年2月24日

お客様の大切な商品を守ります!アトリエの包装方法

コラム包装

印刷物の包装はクラフト包装が一般的です。A4チラシやパンフレットなど、茶色い紙に包まれているのを見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、型抜き加工された印刷物は形やサイズも様々で、包んで終わり!というわけにはいきません。

今回はそんな型抜き加工後の印刷物の包装方法をご紹介します!

・テープ結束

部数の区切りが分かるよう、ビニールテープで結束します。商品が綺麗に揃えられ、ズレによる折れや散乱を防ぎます。

・シュリンク包装

シュリンク包装とは、熱によって収縮するフィルムの性質を利用して、商品の形に添ってフィルムを密着させ、保護する包装のことです。

これにより、型抜きの形に添った包装をすることができます。クラフト包装だけでは、どうしても商品との間に隙間ができてしまい、角折れやキズが付く可能性が高くなってしまいます。それらを防ぐため、この包装を行っています。

・梱包

小さいサイズのものは特に段ボール内で動いてしまうため、緩衝材を入れて固定しています。開封時に誤って商品を傷つけてしまわぬよう、商品の上にも緩衝材や厚紙を同梱します。

上記の包装は一例であり、形によってはクラフト包装のみで段ボールに梱包する場合もございます。

お客様の商品のサイズや形状に合わせて、担当が丁寧に包装しておりますので、ご安心ください!


このコラムを書いた人

【かたぬき印刷アトリエ広報担当】 さいとう

発注や工程管理などの印刷事務と広報を担当。
印刷について日々勉強しながら、皆さんに情報を伝えられるよう奮闘しています!